タイトルイメージ 本文へジャンプ
2016市民水難対処講習会 ・水で命を亡くさないためにどうすればよいか!

市民救助講習会 ・知っておこう水の性質!教えます”浮いて待て”のこと

君も僕も、水難救助員です、水難事故を未然に防ぐのもあなたです!私達は、水難事故を決して起こしていけません。しかし、あなたが偶然にも水難事故現場に遭遇したらどうしますか?そうです、初期の救助ができることにより尊い命が救えるのです。しかし、自分を守れますか!
”浮いて待て”どうするの?あなたは浮いてまてますか?


・受講料金

5,400円    お問合せ

・座学1時間 ・ 実技2時間程度

個人でご用意いただく物

・水難対処法・・・受講定員:6名

・知っておこう水難対処法法 

=その前に,自分を水難から守れますか!=自分が助かる方法を心得ましょう。=
もし貴方が偶然に水難の現場に居合せたらどうしますか。
もちろん、大声で周りの人に助けを呼ぶでしょう。
119番もしくは118番通報もするでしょう。
しかし水難に合われている方は、刻一刻と危険な状態へ陥っ ていきます。
ここで貴方が、水難救助法の講習を受講していたら救助隊が
到着するまでに初期救助が行えるのです。
この水難救助講習は、あなたをプロの救助員に養成しようとするものではありません。
様々な、水難現場で一刻も早く救助のアクションを起こすこ とができるための講習会です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・個人的に準備する資器材
   ・水着
   ・濡れても良い服装:スニーカー・ズボン・シャツ・帽子
   ・飲み物
   ・空の2ℓペットボトル2本
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
講習内容
  ・水の環境について
  ・救助法について
  ・心肺蘇生法(2015ガイドラインに準拠)
  ・使用資器材の説明
実技

  ・ウォータマンシップ(100m)
  ・軽装備資器材を使用した泳ぎ
  ・スローバックの使用
   *浮環やペットボトルも代用
  ・レスキューロープやカラビナの使用
  ・ウエビングテープの使用
  ・各種キャリング法(一人、二人、複数員数)
  ・歩行棒を使用した水中歩行(チーム)
定員

  ・6名
  ・参加制限高校生以上
  ・Cカードお持ちの方も是非、受講して下さい。
講習日時

  ・7月第4日曜日午前9:00~12:00
講習場所

   ・鹿屋市高須海岸内または肝属川
    *昼食・飲み物は各自ご用意してください。
     詳細は,ここをご覧ください。PDF
受講料

  ・5,400円(8%税込み)
受講料納入方法

  ・お申し込み時に下記の金融機関にお振込み
   またはご持参下さい。
  *お振込み手数料は、ご本人負担となります。
指定お振込み先

  ・鹿児島銀行 鹿屋支店 普通口座番号:1131555
   有限会社フィン 電話0994-31-1750
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
受講お申込み先:電話0994-31-1750
        E-mail:info@fintoumi.com
・申し込み用紙ダウンロード
・メディカルチェック表

お申込締め切日:6月30日    
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ダイビングを希望する方のレンタル料金

レンタル機材料金         

 ボンベ(20Mpa10?)  2,800円(税込3,024円)
 レギュレータ  3,000円(税込3,240円)
 B C  3,000円(税込3,240円)
 ウエットスーツ  2,800円(税込3,024円)
 ウエイトセット  1,000円(税込1,080円)
 マスク  1,000円(税込1,080円)
 スノーケル  500円(税込540円)
 フィン  1,000円(税込1,080円)
 ブーツグ  1,000円(税込1,080円)
 グローブ  500円(税込540円)

思いっきり水中呼吸を・・・・

「楽しいことは安全に」


個人でご用意する物
・飲食物(参加者ご自身でご用意願います。)
=下記のことを確認してください=
・参加者は、先に申込用紙・メディカルチェック表を提出して適正を確認してください。
・60歳以上の方は、今回のダイビングに異常がないこと。
・持病のある方は、予め専門医の診断書が必要です。
・飛行機に搭乗時や高所で耳に圧力を感じて平常に戻せない方も専門医の診断を受け異常の有無を確認してください。
・実際に、ファンダイビングに入り不安を感じたり耳抜きなどができない場合においてダイビングが続行できなくても料金の払い戻しはありません。

素晴らしき藍の海・・・

あの浮遊感と水中呼吸がハートに響く・・・

申込用紙メディカルチェック表